(おやじのせなか)南野陽子さん 「人それぞれに役割」しみる言葉

有料記事

[PR]

 小さい頃からお父さんっ子でした。土日は地元・兵庫県を一緒にドライブしたり、遊園地につれていってもらったり。少しずつベッタリしなくなりましたが、反抗はしなかったですね。

 ただ、高校の時に東京に出てデビューする話が出ると、父は「東京は危ない、陽子には無理だ」と大反対。「私の人生でしょう?」と言い返し…

この記事は有料記事です。残り915文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント