(大志 藤井聡太のいる時代)蒼天編:5 もっと強くなった先に、思い描く蒼天は

有料記事

[PR]

 たった一度だけ、藤井聡太に聞いたことがある。好きな色は何か、と。2017年5月、まだ14歳の少年だった。

 「そうですね……青が好きかもしれません」

 すぐに浮かんだのは当時の彼が毎日のように背負っていたリュックサックのこと。空よりも色鮮やかなスカイブルーは対局の日のトレードマークだった。

 何度…

この記事は有料記事です。残り564文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント

連載大志 藤井聡太のいる時代

この連載の一覧を見る