出産費用、なぜ上昇続く 出産育児一時金、来年度引き上げへ

有料記事

[PR]

 出産した人に原則42万円が支給される「出産育児一時金」が、来年度から引き上げられる見通しとなりました。出産費用が年々上昇し、一時金では賄えない差額分が、重い経済的負担となっているためです。「子どもを持ちたいとは思わない」。そんな声が出るほど、出産費用はなぜ上がっているのでしょうか。

 ■少子化で…

この記事は有料記事です。残り1539文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント