(大志 藤井聡太のいる時代)蒼天編:7 羽生との大一番、攻防兼ねた終盤の妙手

有料記事

[PR]

 毎年秋に行われる王将戦の挑戦者決定リーグは、上位棋士ら7人がハイレベルな戦いを繰り広げることで知られる。2021年11月9日。この年のリーグの中盤戦の大一番が、将棋会館(東京都渋谷区)で指された。3勝0敗の藤井聡太と3勝1敗の羽生善治の一戦だ。

 三つのタイトルを持つ藤井とタイトル獲得通算100期…

この続きは朝日新聞デジタル会員限定です。残り599文字

1カ月間無料の「お試し体験」で記事の続きを読んでみませんか?

  • 会員限定の有料記事が読める!

  • 多彩なコメンテーターがニュースを深堀り

  • いま話題の最新ニュースもメールでお届け

1カ月間無料 お試し体験

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

すでに有料会員の方はログインして続きを読む
【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント

連載大志 藤井聡太のいる時代

この連載の一覧を見る