(いま聞く)坪田一男さん 坪田ラボ社長 なぜ医者から経営者に

有料記事

[PR]

 ■人生100年時代、「ごきげんだから、うまくいく」持論に近視の進行抑制めざす

 子どもの近視、働き盛りのドライアイ、高齢者の白内障緑内障。目の悩みは世代を問わない。その治療の革新をめざす「坪田ラボ」が今年、東京証券取引所に上場した。慶応大医学部で長年研究を続けた坪田一男社長(67)が経営者とし…

この記事は有料記事です。残り2649文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。