(Sunday Wide)交付金欲しけりゃ…農家悲鳴 畑へ「転作」5年に1度は稲作必須に、国が新方針

有料記事

[PR]

 今後5年で1度は、水張りをして稲作をしなければ交付金は出さない――。水田を畑として活用する国の交付金の運用が今年度から厳格化され、畑を1年だけ水田に戻す事例が相次いでいる。農業者からは、年間約3千億円規模の交付金を削るのが目的ではとの反発の声が上がる。

 9月下旬、秋田県三種町。風になびく稲穂の…

この記事は有料記事です。残り2516文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント