折々のことば:2545 鷲田清一

有料記事

[PR]

 人の身体は、転ばないようにではなく、うまく転ぶように作られていく

 (那須耕介)

     ◇

 赤ん坊は歩けるようになるまでさんざん転ぶが、やがて、転びかけるととっさに手をついたり、体をひねったりして衝撃を和らげるようになる。歩けるというのは、上手な転び方をわきまえていることだと、法哲学者は言う…

この記事は有料記事です。残り70文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント

連載折々のことば 

この連載の一覧を見る