図書館の自由、揺るがす「依頼」 国「拉致問題の本充実を」、司書困惑

有料記事

[PR]

 文部科学省が全国の公立・学校図書館向けに出した1通の依頼文が波紋を呼んでいる。「拉致問題の関連本の充実」を求めるもので、内閣官房が文科省に依頼した。特定のテーマで国が図書館にこうした文書を送るのは初めてという。「図書館の自由を脅かしかねない」。現場の司書たちからは、戸惑いや抗議の声が上がっている…

この記事は有料記事です。残り1812文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント
  • commentatorHeader
    豊秀一
    (朝日新聞編集委員=憲法、司法)
    2022年11月4日12時9分 投稿
    【視点】

    図書館と権力の関係について、考えさせられる重要な記事です。異例の事態にもかかわらず、文部科学省の担当者は「図書館の自由を侵害する趣旨ではない」と記事中でコメントしていますが、図書館の自由に対する認識が欠如しているのではないでしょうか。現場の