首相肝いり「フリーランス新法」暗礁 「権利主張するなら義務を」自民から反対相次ぐ

有料記事

[PR]

 政府が臨時国会へ提出予定の「フリーランス新法」が暗礁に乗り上げている。自民党内の議論で、多様な働き方があるフリーランスをまとめて保護することを疑問視する声などが相次ぎ、手続きが止まっている。岸田文雄首相の肝いりで、官邸側が主導して法案作りを進めたことに対する反発もあるようだ。

 フリーランスは、誰…

この記事は有料記事です。残り572文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。