(社説余滴)「失われた命」の価値は 井田香奈子

有料記事

[PR]

 体が動かず話せない人が、目や手のかすかな動きで意思を伝える。手話を音声変換するソフトもある。

 失った機能を補う技術が働き方を多様にしている。

 そんな時代に、障害のある子どもが将来にわたって得るだろう収入をより低くみるのは妥当だろうか。

 聴覚障害のある11歳の女子生徒が4年前、ショベルカーには…

この記事は有料記事です。残り756文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

連載社説余滴

この連載の一覧を見る