資金難でポスドク0、国立天文台の打開策 水沢VLBI観測所・本間希樹所長

有料記事

[PR]

 ブラックホールの撮影でも有名な岩手県国立天文台水沢VLBI観測所が今春、資金難を理由に、ポスドク(博士研究員)を雇うクラウドファンディング(CF)を実施した。世界的な観測拠点が資金を募るほど日本の研究現場は行き詰まっているのか。本間希樹(まれき)所長に背景と打開策を聞いた。

 ■CF・企業と協…

この記事は有料記事です。残り1348文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント