元理事、賄賂計2億円 五輪汚職、捜査終結 4回目起訴

有料記事

[PR]

 東京五輪パラリンピックをめぐる汚職事件東京地検特捜部は9日、広告大手「ADKホールディングス」から約4700万円、大会マスコットのぬいぐるみを製造・販売した「サン・アロー」から約700万円の賄賂を受け取ったとして、大会組織委員会の元理事・高橋治之容疑者(78)を受託収賄罪で起訴し、発表した。▼…

この記事は有料記事です。残り437文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント