(評・舞台)俳優座「猫、獅子になる」 絶望から救う、賢治童話の慈愛

有料記事

[PR]

 かわいそう、イーハトーブが決め台詞(ぜりふ)だった。慈しむ心、全てが可能な理想郷を意味する宮沢賢治の思いを梃(てこ)に、「8050問題」に切り込んだ「猫、獅子になる」を横山拓也が書き、眞鍋卓嗣が演出した。人生はもう終わったと引きこもる人間がどう立ち直るか。永遠のまなざしを持つ賢治童話が、現代の暗闇…

この記事は有料記事です。残り600文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント