(大志 藤井聡太のいる時代)蒼天編:9 竜王奪取の翌朝、いつもどおりの心技体

有料記事

[PR]

 心技体。勝負の世界を生きる者に求められる三つの力である。アスリートばかりでなく、棋士もどれか一つを欠けば一流たり得ないが、藤井聡太はメンタル、テクニック、フィジカルの全てで常に最高の水準を維持し続けている。死闘の翌朝、彼の姿を見ながら再び思った。

 2021年11月14日午前9時半、山口県宇部市内…

この記事は有料記事です。残り595文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント

連載大志 藤井聡太のいる時代

この連載の一覧を見る