共同親権と単独、併記 法制審試案、賛否対立 離婚後の子

有料記事

[PR]

 離婚後の子どもの親権について法制審議会(法相の諮問会議)の部会は15日、父母双方が持つ「共同親権」の導入と、どちらか一方に限る現行の「単独親権」の維持を併記した中間試案をまとめた。賛否が激しく対立し1案には絞れず、法務省は年内にもパブリックコメントを実施して国民の意見を募る。▼33面=親子の形は

この記事は有料記事です。残り732文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント