(いま聞く)木村真紀さん 英UCL・ジェンダー論専任講師 「男か女か」の二択、抜け出すには

有料記事

[PR]

 ■出産祝いはピンクと青だけ? 制度や社会に疑問持つことが第一歩

 性別を変更したトランスジェンダーや、男女どちらでもないノンバイナリー――。世界では、男女の枠を超えてジェンダーが多様化している。いったい、どこまで進んでいるのか。英国で10年以上、ジェンダー論を教えている木村真紀さんに現状を聞いた…

この記事は有料記事です。残り2602文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント