SDGsに配慮、ローソン新店舗 食品ロス削減・アバターが接客

有料記事

[PR]

 コンビニ大手のローソンが近未来型店舗と銘打つ「グリーンローソン」が28日午後、東京都豊島区北大塚1丁目にオープンした。食品ロスやプラスチックの削減、環境負荷の軽減をめざし、遠隔地にいる社員のアバター(分身)が店内モニターで接客する。

 食品の廃棄を減らすため、食品工場でつくる消費期限が比較的短い常…

この続きは朝日新聞デジタル会員限定です。残り561文字

1カ月間無料の「お試し体験」で記事の続きを読んでみませんか?

  • 会員限定の有料記事が読める!

  • 多彩なコメンテーターがニュースを深堀り

  • いま話題の最新ニュースもメールでお届け

1カ月間無料 お試し体験

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

すでに有料会員の方はログインして続きを読む
【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント