(患者を生きる:4427)31歳でパーキンソン病:2 杖を使っても、よく転ぶ

有料記事

[PR]

 30代前半で若年性パーキンソン病の症状が出た横浜市の小笠原名未(おがさわらなみ)さん(49)は、希望を断ち切るような医師の言葉に不信感を覚え、実家の近くにある東京都内の総合病院に転院した。

 その病院には、当時としては最新の検査装置があった。検査の結果、若年性パーキンソン病と診断が確定した。「治療…

この記事は有料記事です。残り874文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント