(著者に会いたい)『埴輪 古代の証言者たち』 若狭徹さん

有料記事

[PR]

 ■古墳に並ぶ本質は物語性 明治大学教授・若狭徹さん(60)

 古代の遺跡の出土品の中でも、埴輪(はにわ)は一般の人たちに最も人気がある遺物の一つだ。「造形の愛らしさが好まれているのでしょうが、埴輪の本質は実は物語性にあるんです」。埴輪に関する3冊目の著書となる本書ではそれを繰り返し訴えている。

 …

この記事は有料記事です。残り674文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント

連載著者に会いたい

この連載の一覧を見る