(書評)『わたしは「ひとり新聞社」 岩手県大槌町で生き、考え、伝える』 菊池由貴子〈著〉

有料記事

[PR]

 東日本大震災の後、著者は故郷の岩手県大槌町で「大槌新聞」を一人で作り続けてきた。冒頭で自身の若い頃の記憶が語られる。病弱で入院を繰り返していた彼女は、震災を経て町と出会い直し、地域に根差すという視点を獲得していく。あたかも小さな種が芽吹き、いつしか自立していくかのように。

 町への愛情や行政の施策…

この記事は有料記事です。残り319文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント