(耕論)ツイッター買収、その意味 木下昌彦さん、王子田克樹さん、東浩紀さん

有料記事

[PR]

 ネット上での発信やコミュニケーションに広く使われてきたツイッターを、富豪イーロン・マスク氏が買収して大胆な改革を進めている。そこに浮かび上がる意味や課題とは。

 ■富の集中、政治的な力にも 木下昌彦さん(憲法学者)

 1人の人間が、ツイッターのような公共的に無視し得ない巨大なプラットフォームを…

この記事は有料記事です。残り3520文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント