(寄稿)思い出して生きること 評論家・川本三郎

有料記事

[PR]

 今年、78歳になった。

 2008年に7歳年下の家内を癌(がん)でなくした。子供がいないから、以来ずっと一人暮らしが続いている。悲しみや寂しさは消えることはないが、もう慣れた。

 妹を亡くした民芸運動家の柳宗悦(やなぎむねよし)はこんなことを言った。

 「悲しみのみが悲しみを慰めてくれる。淋しさの…

この記事は有料記事です。残り3676文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント