(社説)夜空に思う 光害抑え豊かな星空を

[PR]

 華やかに彩られた年末年始が過ぎ、街は落ち着きを取り戻してきた。視線を空に向ければ、いくつ星が見つかるだろうか。きょうは、天然のイルミネーションである星空を考えたい。

 日本では70%の人が、天の川を見られない場所に住む。北米では80%、欧州は60%という。

 夜の空が明るいと星は見えにくい。人工的で不適切な光によって良好な光環境が阻害される状態を「光害(ひかりがい)」と呼ぶ。照明の増加や大気汚染で悪化する。

 もちろん、夜間照明は、防犯や事故の防止、作業に不可欠なものも多い。街の雰囲気作りにも寄与する。必要な場所は照らした上で、同時に照明の無駄を減らし、環境への影響を最小化するのが大事だ。

 光害は様々だ。星や月の光を頼りにする渡り鳥の行動や、イネの発育に街灯が悪影響を及ぼすことが知られている。人工光に昆虫が集まり、それを餌とする動物の行動が変わり、生態系を乱す恐れもある。まぶしすぎる光は事故を誘発する危険もあり、住宅にそそぐ光は安眠やプライバシーを損ねかねない。

 急速に普及したLED照明による影響もある。従来より電気代が安いため、明るく照らす傾向があるようだ。上空に漏れる光を人工衛星で調べると、東京の山手線エリアを中心にした地域では、この10年ほど年2~3%の増加傾向にあるという。

 街灯から無駄な光が上空に漏れないよう、覆いで下に反射させるのが望ましい。建物のライトアップも必要部分に限り、色を変えれば光害を抑えられる。人が近づくと点灯する照明も有効だ。自治体や商業施設は、省エネルギーにも直結する光害対策に配慮してほしい。

 星空を観光資源とする動きも広まっている。全国に先駆けて光害防止条例を制定した岡山県井原市美星町は、屋外照明や防犯灯を光が上に漏れないタイプに交換して光害を抑制し、イベントなどで誘客する。

 暗い夜空が保たれた場所を認定する国際ダークスカイ協会の「星空保護区」には、国内では西表石垣国立公園、伊豆諸島神津島、美星町の3カ所が選ばれ、さらに複数の自治体が認定を目指している。条例などでの星空保全は30以上の自治体が取り組み、環境省は光害対策ガイドラインで対策を促している。

 環境省と民間団体「星空公団」は年に2回、夜空の明るさ調査を呼びかけており、今冬の観察期間が12日から始まる。

 赤銅色の皆既月食、月が大きく見えるスーパームーンも素敵だが、天の川や満天の星を体験すれば感動はひとしお。光害を抑えて星空を取り戻し、ゆったり眺める時間をすごしたい。

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント