刑務作業の収入で、賠償してほしいけど 被害者が差し押さえ請求、最高裁認めず

有料記事

[PR]

 多額のお金をだまし取られたのに、全く賠償されない――。被害者の男性は、刑務所に入った加害者がわずかでも誠意を見せるべきだと考え、刑務作業で得る「作業報奨金」の差し押さえを申し立てた。「奇策」とも言える申し立てに裁判所はどう答えたのか。(根岸拓朗)

 ■「責任果たせば、更生につながる」訴え

 「個…

この記事は有料記事です。残り1292文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント