(交論)死刑、はんこ発言に思う 平岡秀夫さん、堀川惠子さん

有料記事

[PR]

 「法務大臣は死刑のはんこを押したときだけニュースになる地味な役職」。この発言で葉梨康弘氏が法相を事実上更迭され、2カ月余。失言は過去のものとなりつつあるが、発言を生んだ背景に何があるのか。私たちは死刑にどう向き合うべきなのか。「そもそも」を考えた。

 ■政治家がリードし、存廃議論を 平岡秀夫さん…

この記事は有料記事です。残り3752文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント