(多事奏論)なめていないか 人気にこびず、表現は曲げない 近藤康太郎

有料記事

[PR]

 新聞社系では、紙面でもデジタル配信でも、ポピュラー音楽の記事はふだんはあまり読まないようにしている。しかしこのあいだは、おもしろくて深い記事に出会ったから油断がならない。「ラッパーが説く『聞いてもらう力』 安易な歩み寄りに陥らないために」(朝日新聞デジタル 1月12日配信)。

 呂布カルマのインタ…

この記事は有料記事です。残り1370文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

春トク_2カ月間無料
  • commentatorHeader
    長野智子
    (キャスター・ジャーナリスト)
    2023年2月4日14時32分 投稿
    【視点】

    【視点】 こういう記事見つけると得した気分になります。ラッパーから学ぶ真理。 「正しいことを言うときは、“学級委員”になってはいけない。正しいことを書くときは、笑わせなければいけない」 「『表現する』がゴールであり、その先を考えるのは不

  • commentatorHeader
    奥山晶二郎
    (サムライトCCO=メディア)
    2023年2月4日17時36分 投稿
    【視点】

    これまでデジタルで数字を追いかけてきた身として、ドキドキしながら読みました。 そして、近藤さんの気炎、その通りと思いました。 >ただ引っかかるのは、読者の求めているものとは、数字がとれたものか この部分もおっしゃる通りなん