ロシアの日系企業、去るも残るも苦渋 ウクライナ侵攻から1年

有料記事

[PR]

 ロシアから撤退する日本企業が相次いでいる。ロシアによるウクライナ侵攻が長期化し、サプライチェーン(供給網)の混乱が続いているほか、人道的な理由も決断を後押しする。一方、撤退を決めあぐねている企業も多く、判断は割れている。

 ■従業員いても、部品調達できず

 ガラス大手AGCは8日、ロシアでのガラ…

この記事は有料記事です。残り2859文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません