[PR]

 【ブライトン(英国)共同】ラグビーのワールドカップ(W杯)イングランド大会第3日は20日、英国南部のブライトンなどで行われ、1次リーグB組でサモアが米国を25―16で下し、首位に立った。日本と勝ち点4で並んだが、得失点差で上回った。日本は2位で、米国は勝ち点0。

 C組で史上初の2連覇を狙うニュージーランドはアルゼンチンを26―16で破り、白星発進した。ニュージーランドは前半を12―13とリードされて折り返したが、後半は2トライを奪い、攻守に地力を見せ逆転した。

 A組のウェールズは8トライの猛攻で、ウルグアイを54―9で下した。(共同)

こんなニュースも