[PR]

 ゴルフの全米オープン選手権で動いている球を打つ前代未聞のルール違反を16日に犯したフィル・ミケルソン(米国)が「先週末は怒りとフラストレーションが頂点に達していた。申し訳ない」と謝罪する声明を発表したと20日、AP通信などが報じた。

 16日の第3ラウンドでカップをオーバーして止まらないボギーパットを先回りし打ち返し2罰打を受けた。ルールを理解した上で次のホールへ早く進むため故意に行ったと話し、批判されていた。声明では「自分の行動を恥じている。もっと早くに謝らなければいけないのは分かっていたが、落ち着くのに数日必要だった」と述べた。(共同)

こんなニュースも