[PR]

 日米大学野球選手権は8日、米ジョージア州メーコンで第4戦が行われ、日本は6―7で逆転負けして1勝3敗となり、米国の2大会連続24度目の優勝が決まった。三回に向山(法大)のソロなどで3点を先行したが、先発の松本(日体大)が六回途中3失点で降板。救援陣も失点を重ねた。(共同)

こんなニュースも