[PR]

 【ジャカルタ共同】ジャカルタ・アジア大会のサッカー女子日本代表「なでしこジャパン」は21日、1次リーグC組最終戦のベトナム戦に臨む。20日は南スマトラ州パレンバンで調整し、初戦のタイ戦で得点した岩渕(INAC神戸)や籾木(日テレ)らがパスゲームなど約1時間の軽めの調整を行った。

 2010年広州大会以来、2大会ぶりの頂点を狙う日本は既に1次リーグ突破が決まっており、ベトナムとC組1位を懸けて対戦する。高倉監督は「ベトナムはすごくやりにくい。粘り強い守備を早く壊せるようにしたい」と試合序盤での得点をポイントに挙げた。(共同)

こんなニュースも