[PR]

 【ニューヨーク共同】米大リーグ選手会のトニー・クラーク専務理事はマリナーズが高額年俸の有力選手を放出するなど、予算を削減して再建を進めるチームが目立つ現状に懸念を示した。AP通信が6日までに報じた。

 経営者側とは対策を話し合う意向があるという。このオフはマリナーズがエース左腕パクストンをヤンキースに、長く中軸を担った内野手カノをメッツにトレードするなどした。

 今季は複数の球団が主力を手放した結果、3チームが100敗以上を喫し、95敗以上は史上最多の8チームとなった。戦力格差の拡大でブルージェイズは約88万人、マーリンズは約77万人も観客動員が落ち込んだ。(共同)

こんなニュースも