[PR]

 【オテパー(エストニア)共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)複合は5日、エストニアのオテパーで個人第7戦が行われ、渡部暁斗(北野建設)は今季初の表彰台となる2位に入った。

 前半飛躍(ヒルサイズ=HS97メートル)が悪天候で中止となり、4日の予備飛躍の成績を採用。渡部暁はトップと11秒差の5位で後半距離(10キロ)をスタートし、終盤まで優勝争いを演じた。ヤールマグヌス・リーベル(ノルウェー)が今季5勝目、通算6勝目を挙げた。(共同)

こんなニュースも