[PR]

 【ニューヨーク共同】男子ゴルフの日本ツアー賞金王、今平周吾が4月のメジャー初戦、マスターズ・トーナメント(米ジョージア州オーガスタ)に特別招待選手として初出場することが8日、発表された。

 26歳の今平は昨年の最終世界ランキングは53位。出場資格の一つである50位以内には入らなかったが、昨季の日本ツアー14大会でトップ10入りしたことなどを「目覚ましい成績」と評価された。

 日本勢は松山英樹、小平智、アマチュアの金谷拓実(東北福祉大)も出場権を獲得している。(共同)

こんなニュースも