[PR]

 【プルシュクフ(ポーランド)共同】自転車トラック種目の世界選手権第4日は2日、ポーランドのプルシュクフで行われ、4種目の合計点で争う男子オムニアムで橋本英也(ブリヂストン)は91点で7位だった。

 1月のアジア選手権(インドネシア)を制した橋本はスクラッチで7着、テンポレースは2着と前半は総合4位。エリミネーションで11着と振るわず、総合5位で迎えた最終種目のポイントレースでも順位を下げた。

 男子スプリントで深谷知広は2回戦、脇本雄太(ともに日本競輪選手会)は1回戦で敗退。女子マディソンで梶原悠未(筑波大)と古山稀絵(日体大)の日本は11位。(共同)

こんなニュースも