[PR]

 【ゼーフェルト(オーストリア)共同】ノルディックスキーの世界選手権最終日は3日、オーストリアのゼーフェルトで距離男子50キロフリーが行われ、吉田圭伸が1時間51分13秒6で16位だった。

 馬場直人は21位、成瀬開地は51位。ハンスクリステル・ホルン(ノルウェー)が1時間49分59秒3で優勝した。

 全競技が終了し、日本は銅メダル2個を獲得。メダル数は前回から3個減った。佐藤幸椰、伊東大貴、小林潤志郎、小林陵侑で臨んだジャンプ男子団体の日本、複合個人ノーマルヒルの渡部暁斗がともに3位に入った。

 次回2021年大会はドイツのオーベルストドルフで開催される。(共同)

こんなニュースも