[PR]

 【ソルトレークシティー共同】スピードスケートのワールドカップ(W杯)最終戦最終日は10日、米ソルトレークシティーで行われ、女子1500メートルで高木美帆(日体大助手)が1分49秒83の世界新記録で優勝した。従来のタイムを1秒02更新した。

 24歳の高木美はW杯の個人種目で通算10勝目で、うち8勝が1500メートル。9日は1000メートルで日本記録を樹立していた。

 男子500メートルは新浜立也(高崎健康福祉大)が連日の日本新記録となる33秒79でW杯3勝目を挙げた。村上右磨(村上電気)が34秒10で3位。(共同)

こんなニュースも