[PR]

 【ダニーディン(ニュージーランド)共同】ラグビー日本代表候補は5日、ニュージーランドのダニーディンでスーパーラグビー(SR)のハイランダーズ(ニュージーランド)下部チームと強化試合を行い、46―21で勝ち、遠征での2試合を1勝1敗で終えた。

 日本代表候補はFB松島(サントリー)らの3トライで前半を22―7で折り返した。後半は一時1点差まで迫られたが、ロック大戸(ヤマハ発動機)や松島らのトライで突き放した。

 9月開幕のワールドカップ(W杯)日本大会に向けて2月に始動した日本代表候補は今後、日本とオーストラリアでさらに強化試合として3試合を行う。(共同)

こんなニュースも