[PR]

 【クアラルンプール共同】アジア・サッカー連盟(AFC)は6日、クアラルンプールでの総会で役員選挙を行い、AFC選出の国際サッカー連盟(FIFA)理事選で日本サッカー協会の田嶋幸三会長(61)が再選を果たした。任期は4年。田嶋氏は2度目の挑戦だった2015年に初当選し、日本人で4人目のFIFA理事となった。

 イランの候補が立候補を取り下げ、5枠を7人で争った。田嶋氏は46票のうち38票を獲得し、パテル氏(インド)と並んでトップで当選。このほかモハンナディ氏(カタール)、杜兆才氏(中国)、アラネタ氏(フィリピン)が選ばれた。(共同)

こんなニュースも