[PR]

 【ブダペスト共同】2年に1度行われる卓球の世界選手権個人戦は21日、ブダペストで開幕し、混合ダブルスなど各種目の予選が行われた。日本勢で予選に出場する選手はなく、女子の平野美宇らが会場で調整した。

 大会は28日まで行われ、本戦はダブルス種目からスタート。22日は混合で前回優勝の吉村真晴、石川佳純組と森薗政崇、伊藤美誠組、男子で前回準優勝の森薗、大島祐哉組と張本智和、木造勇人組、女子で前回3位の伊藤、早田ひな組と佐藤瞳、橋本帆乃香組がそれぞれ初戦に挑む。

 シングルスの本戦は23日から始まる。(共同)

こんなニュースも