[PR]

 【ブダペスト共同】卓球の世界選手権第3日は23日、ブダペストで行われ、シングルス2回戦で女子の日本勢は、石川佳純(全農)伊藤美誠(スターツ)平野美宇(日本生命)佐藤瞳(ミキハウス)加藤美優(日本ペイントホールディングス)の5人全員が勝ち、3回戦に進んだ。

 男子は張本智和、水谷隼(ともに木下グループ)丹羽孝希(スヴェンソン)森薗政崇(岡山)が3回戦に進出。初出場の吉村和弘(東京アート)はブラジル選手に2―4で敗れた。

 男女ダブルス2回戦は女子の伊藤、早田ひな(日本生命)組と佐藤、橋本帆乃香組(ミキハウス)が勝利。男子は張本、木造勇人(愛知工大)組が勝った。(共同)

こんなニュースも