[PR]

 【モントルー(スイス)共同】バレーボール女子の国際大会、モントルー・マスターズは18日、スイスのモントルーで決勝が行われ、今季初の大会に臨んだ日本はポーランドに1―3(15―25、25―22、17―25、24―26)で敗れて準優勝だった。日本は鍋谷(デンソー)と長内(日立)がチームトップの15点を挙げたが、ポーランドの高さに屈した。

 各部門の最優秀選手にウイングスパイカーは鍋谷、リベロは小幡(JT)、セッターは関(東レ)が選ばれた。(共同)

こんなニュースも