[PR]

 【パリ共同】サッカーの女子ワールドカップ(W杯)フランス大会は7日、パリで開幕して1次リーグA組の1試合が行われ、開催国のフランスが韓国に4―0で快勝して白星発進した。ルナールの2得点などで前半を3―0で折り返し、終盤にも追加点を奪った。

 2大会ぶりの優勝を目指す日本代表「なでしこジャパン」は1次リーグD組で、10日(日本時間11日未明)にアルゼンチンとの初戦に臨む。

 1次リーグは24チームが6組に分かれて実施し、16チームが決勝トーナメントに進出。決勝は7月7日(同8日未明)にリヨンで行われる。(共同)

こんなニュースも