[PR]

 スーパーラグビー(SR)最終節第1日は14日、ブエノスアイレスなどで行われ、日本チームのサンウルブズはジャガーズ(アルゼンチン)に10―52で大敗して9連敗となり、参戦4年目のシーズンを2勝14敗で終えた。ジャガーズは11勝5敗。

 先制されたサンウルブズはWTBファンデンヒーファー、FBマシレワがトライを決めたが、10―21とリードされて折り返した。シンビン(一時退場)などで数的不利を強いられた後半は5トライを許した。サンウルブズはリーグ最下位が既に決まっていた。(共同)

こんなニュースも