[PR]

 【ジャカルタ共同】バドミントンのインドネシア・オープンは16日、ジャカルタで開幕し各種目1回戦が行われ、シングルスで女子の山口茜(再春館製薬所)は2012年ロンドン五輪金メダルの李雪ゼイ(中国)に2―1で逆転勝ちして2回戦に進んだ。男子の世界ランキング1位で2連覇を狙う桃田賢斗(NTT東日本)はマレーシア選手を2―0で下し、初戦を突破した。

 ダブルスの女子で3年ぶりの優勝を目指す高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)はドイツのペアに、世界ランキング1位の永原和可那、松本麻佑組(北都銀行)はカナダのペアにともにストレート勝ちした。(共同)

こんなニュースも