[PR]

 【バーミンガム(英国)共同】陸上のダイヤモンドリーグ第11戦は18日、英国のバーミンガムで行われ、男子100メートル予選で小池祐貴(住友電工)は追い風0・7メートルの1組で10秒31の6着に終わり敗退した。決勝はヨハン・ブレーク(ジャマイカ)が10秒07で制した。

 男子の走り高跳びで日本記録保持者の戸辺直人(JAL)は2メートル19で7位。ブランドン・スターク(オーストラリア)が2メートル30で優勝した。400メートル障害の安部孝駿(ヤマダ電機)は50秒36の6位で、ヤスマニ・コペリョ(トルコ)が49秒08で勝った。(共同)

こんなニュースも