[PR]

 【ヒューストン共同】米大リーグは23日、各地で行われ、エンゼルスの大谷はヒューストンでのアストロズ戦に「3番・指名打者」でフル出場し、4打数無安打、1三振だった。200勝投手のグリンキーと3度対戦して無安打に抑え込まれ、七回2死一、三塁の好機では2番手投手に三振を喫した。チームは4―5で敗れて3連敗。

 ドジャースの前田はヤンキース戦で2―10の九回2死無走者で代打として出場し、空振り三振に倒れて最後の打者になった。チームの連勝は3で止まった。(共同)

こんなニュースも