[PR]

 【バーゼル(スイス)共同】バドミントンの世界選手権最終日は25日、スイスのバーゼルで各種目の決勝が行われ、男子シングルスの桃田賢斗、女子ダブルスの永原和可那、松本麻佑組がそろって大会2連覇を果たした。世界選手権で日本勢の連覇は初めて。

 桃田はアンデルス・アントンセン(デンマーク)に2―0で完勝。女子ダブルスは永原、松本組が福島由紀、広田彩花組に2―1で競り勝った。

 女子シングルスで奥原希望はシンドゥ・プサルラ(インド)に0―2で敗れた。男子ダブルスの保木卓朗、小林優吾組はムハンマド・アーサン、ヘンドラ・セティアワン組(インドネシア)に1―2で屈した。(共同)

こんなニュースも