[PR]

 卓球のアジア選手権は16日、インドネシアのジョクジャカルタで団体の準々決勝が行われ、女子の日本はタイ戦で平野美宇(日本生命)、石川佳純(全農)、佐藤瞳(ミキハウス)が勝って3―0で準決勝に進んだ。

 インド戦で張本智和(木下グループ)、吉村真晴(名古屋ダイハツ)、神巧也(彩たま)がプレーした男子は3―1で勝って4強入りした。(共同)

こんなニュースも