[PR]

 フィギュアスケートのUSインターナショナルクラシックは21日、ソルトレークシティーで行われ、女子はショートプログラム(SP)1位だった宮原知子(関大)がフリーで130・14点で2位となり、合計204・30点で優勝した。

 宮原は、3回転ルッツや3回転トーループを含む連続ジャンプで回転不足があり減点されたものの、全体的には無難にまとめ、トップとなった韓国選手の141・25に次ぐ高得点をマークした。(共同)

こんなニュースも